手術当日

初めて受ける大がかりな手術。当日はかなり緊張しました。
私自身、今までそんな麻酔を打って手術を受けた体験が無かったので、緊張すると予想していたものの、かなり緊張しました。

 

 

生まれて初めてのペニス手術!


 

インターネットでも口コミを調べましたし、実際に無料カウンセリグンも行って納得して手術を申し込んだのに、かなり緊張しました。
今考えると、大事な部分の手術ですし、それもそうですよね。

 

 

手術は、14時の予約でした。
ちょっと早く行って13:30くらいに名古屋上野クリニックに到着しました。
受付に行くと「緊張しますよね、こちらでお待ちください^^」と受付の人は声をかけてくれました。

 

 

やはりみんな緊張するんですね・・・。

 

 

基本的には、プライバシーが完全に守られていて他の人に会わないようにしてくれています。
思ったのは、少し早く行って、上野クリニックから出て行く人に包茎手術終わった人に「私はこれから手術するんですけど・・・どうでした?」って聞いても良かったかもしれません(笑)

 

 

 

時間になると、個室に通され、最終確認をしました。
手術の内容、料金、そしてお会計。
ここで25万1100円を支払いました。

 

 

ついに診療所と言うか、手術室へ。
色々と機械のようなものが作動し、
スタッフの方々が準備に取り掛かりました。
私はベッドの上で寝ているだけです(笑)

 

 

ああ〜ついに仮性包茎手術をするんだな〜
風呂で恥ずかしいコソコソした日々とも
おさらばだなあ。
麻酔は4段階に分かれていて
痛くないという説明だったけど
本当に痛くないと良いなあ・・・。
なんてことを考えていました。

 

 

そんなことを考えていると
先生のおな〜り〜。

 

 

先生「はい、こんにちは」
私 「こんにちは。よろしくお願いいたします。」
先生「緊張するかと思いますが、問題ありませんからね。もう何千人と執刀していますから」

 

 

と言いながら、先生は私の棒に何か塗布しています。
冷やっとして、感覚がなくなっていったような気がしました。(麻酔が始まった)

 

 

先生「もう始まっていますからね〜」
そ、そうだったんだ!
何も感じないから分からない・・・。

 

 

手作業で不要な皮を切ってくれているみたいです。
チョキチョキ切る感じではなかったですけどね(笑)
よく分からないけど、傷跡が目立ちにくい
複合曲線作図法の切り方なんですよね!

 

 

 

「大地震の時、上野クリニック仙台で包茎手術していたりしたら
どうなっていたんだろう・・・
そういう人いたのかな・・・
途中で電気も切れてしまって・・・」
なんて、どうでもいいことを考えていると、

 

 

先生「はい、切除終わりました〜。
これから縫いますよ」

 

 

は、早い!
包茎手術って肝臓とかの手術と違うから
ラクで早いと聞いていたけど
こんなに早く切っちゃうとは!

 

 

縫ってもらっている時も感覚はありません。
私は抜糸するタイプの手術にしました。
溶ける糸でも良いのですが
3万円プラスなのと、
治りが少し遅いのと、
やはり2週間後、術後経過を
先生に診てもらいたいと思ったからです。

 

 

糸は縫った後、分かります。
ですが、棒なんて誰にも見せないし、
包帯で巻かれるので分かりません。
とにかく早く治ってほしいとだけ思っていました。

 

 

そうこうしているうちに手術が終わりました。
先生「はい、完了しましたよ、お疲れ様でした〜」

 

握っていた手が汗だくになりながら

 

私「どうもありがとうございました。」と言い
先生は退室されました。

 

 

そして、スタッフの方から
術後の注意説明がありました。

 

・今日はお酒、お風呂禁止。
・朝、包帯を取り換えて、消毒する
・明日からシャワー浴びる時、傷口周辺にビニールを巻く
・湯船は雑菌がいるので、浸かっちゃダメ
・スポーツも1か月ダメ
・なるべく安静に

 

まあ、包帯を替える時、
しっかり消毒すれば問題ありませんよ。
あれだけ恐れていた包茎手術、終わってしまえば
何ということはありませんでした(笑)

 

 

説明が終わったら、帰宅です。
いや〜初めての体験で疲れました。
帰宅して、夕飯を食べて、すぐに寝ちゃいましたよ。
私はベッドで寝ていただけですが、
やはり疲れるんですね。

 

仮性包茎手術体験翌日のこと のページに進む