なぜ私が名古屋上野クリニックに決めたのか

私は色々包茎治療院を回りました。

・ABCクリニック
・皐月形成クリニック、
・猫ひろしさんがCMしてる山の手形成クリニック、
・加藤鷹さんが宣伝してる本田ヒルズタワークリニック、

一般の病院にも行きました。

 

 

ここ、ポイント!


 

病院は健康保険が使えるので、一般の病院で受けるならば包茎治療費用としては激安です。5〜8万円くらいで収まります。

 

 

ですが、私は病院は止めときました。
理由は・・・
病院の手術は最低限の処置で美容的にきれいな見栄えとかそういうデリケートなことは考えてないんですよ。

 

ただ治れば良いというのが病院=健康保険を使った包茎手術です。男性としては、これは大問題です。
後で手術痕が目立つんです。

 

 

ご存じと思いますが、皮が厚い茎の部分は茶色ですよね。亀頭の下辺りから血管がたくさん浮き出ている繊細な部分、ピンク色になりますね。

 

その接合部分がいわゆるツートンカラーと呼ばれる傷痕になります。

 

 

ツートンカラーが残ると「やったな」とバレますよ!(汗)


 

その傷痕を極力目立たないようにする技術を上野クリニックは持っています。

 

健康保険を使った手術はこのことまで考えていません。とにかく皮を切って、くっつけばいいという手術です。美容手術ではないので、傷跡が目立つというわけです。

 

 

亀頭を締め付ける広東包茎は手術しなくちゃいけないです。締め付けられ栄養が行かなくなるので、亀頭は小さくなってしまいます、機能面でまずいからです。
こういう機能面でまずい場合だと健康保険が使えます。

 

 

私の仮性包茎は、医学的観点から言うと治さなくても良い病気(状態)なのです。
ぜいたくな手術なので、保険が使えないのです。

 

ということで、病院は対象外ということになりました。

 

で、包茎専門クリニックならどこでも良いのかというと・・・普通の病院よりは良いです。ですが、各クリニックで技術力が違います。手術の方法が違います。

 

 

包茎という非常にデリケートな手術ですから一番自分にしっくり来るクリニックで手術を選ぶのが良いと思います。

 

 

名古屋上野クリニックの無料カウンセリング<<実際に行きました>>のページに進む